以下は2023年のツアーポスターです。アンジェラは2024年10月22日から11月3日まで日本に再来日します。2024年秋のコンサートは近日発表されます。

アンジェラ バーブルージュ

ジャズシンガー、作詞作曲家

angela   @  angelasjazz.com

ビクトリア、ブリティシュコロンビア、カナダ

アンジェラ バーブルージツアーのお問い合わせ:

軽井沢ジャズファクトリィ Karuizawa Jazz Factory

Disk Union 💿 https://diskunion.net/jazz/ct/list/0/80945944

Clara Music 💿

Love for Connoisseurs

Night We Couldn’t Say Good Night 

Amazon 

*

Love for Connoisseurs 

https://amzn.asia/d/iXFh3aH

“美しく素晴らしいオリジナルの楽曲を惜しみなく一晩中聴かせてくれるそんな新世代のジャズの歌姫を待ち焦がれていました。彼女の品格ある歌声とパフォーマンスに聴衆は釘付けとなることは間違いないでしょう。”

-ミドウエスト レコード

 

“アンジェラ・バーブルージュに期待外れ無し。満を持し突然のデビューにいぶし銀の予感。”

-ジャズタイムズ マガジン

 

アンジェラの楽曲達が近い将来ジャズスタンダードに追加されても誰も驚かないでしょうね。”

-スコット・ヤナウ

“リアルに表現できる作曲家でありながらそれを音にして聴衆に伝えられる素晴らしいシンガー。”

-ミュージックウェブ インターナショナル

 

“心から感情とともに溢れ出すアンジェラの歌は安らぎを与えてくれる。彼女の歌や楽曲に対する理解は作曲家の喜怒哀楽だけでなく細やかな心情や人間模様をも聴衆に届けることが出来る。”

-ジャズライブス



彼女が手掛ける音楽は甘く、暖かく、会場全体を包み込むかのようで、それは彼女の素晴らしい人間性から溢れる波動から湧き出るもの。誰に対してもとても親切温厚な方で、こんなミュージシャンに私はかつて出会ったことはありません。

__ Jobow.net 
 

Angela Verbrugge Biography
アンジェラ・バーブルージュ

 

アンジェラは2020年にジャズタイムズでリーダーズポールでベスト女性ボーカリストに選ばれて以来カナダ中はもちろん日本、トルコ、ドイツ、イギリスなどの海外でも演奏する機会が沢山増え絶え間ない音楽活動が現在も続いている。彼女の音楽のルーツは幼い頃から聴き親しんだミュージカル、スイング、ブルース、ビバップでカナダのビクトリア出身彼女が手掛けるオリジナルの詩や楽曲は新しくもどこかノスタルジックな印象を受ける。ジャズのレパートリーとしてはエラ・フィッツジェラルド、サラ・ボーン、ジュリー・ロンドンと世界中から愛されているシンガー達が歌ったグレートアメリカンソングブックからの選曲を好む。アンジェラは2019年にニューヨークでベーシストのキャメロン・ブラウンを共同プロデューサーとして迎えレコーディングをした後、彼女の存在は世界に広まり始めます。"アンジェラは歌った楽曲のすべてをその日のメインと聴衆に感じさせることが出来るボーカリストの原石である。“(トロントミュージックリポート)。ジャズウィークリーは”アンジェラが元俳優だった頃、彼女はステージ上では楽しくも期待を裏切る、個性的、ロマンティック、多種多様で表現力に非常に長けていた。“とそれが歌手としての舞台でも生きていると述べた。2022年にリリースされたアンジェラのセカンドアルバムLove for Connoisseursは彼女の才能と実力を認めたブリティッシュコロンビア州とカナダ政府からのサポートの基に実現した。彼女のすべてレコーディングはSpotifyで聞くことができエディトリアルプレイリストでもフィーチャーされている。

 

Love for Connoisseurs 愛好家への愛

作詞・作曲 アンジェラ バーブルージュ

https://youtu.be/PTKg4RionWk

 

Electric impulse, across a room

When words melt into verse

All thoughts consumed

When meeting feels like déja vu

It's love for connoisseurs like you

And me

Love 

It's your opinion that means the most

Our conversations, the way we joke

The bond we have will see us through

It's love for connoisseurs like you

And me

 

A spring of pure affection

I'm thirsty for your every word

Our chemistry is just absurd!

Perhaps it's best explained

That you brighten up my deepest darkest days

With your smile, your warm embrace

 

As time goes sailing

The years swim by

At times we're flailing

The well's run dry

Then love comes flooding right back in

It's finer than it's ever been

It's love for connoisseurs like you

And me

Like you and me!

Somewhere, Origin Records 2024